×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

志望動機の書き方で最初に考えること

志望動機の書き方で必ず考えることは、応募先企業と業界の状況です。志望動機というのは、ついつい好きだからという理由を思いついてしまいがちですが、自分が優秀な人間であるということをアピールしたいのであれば、もっと志望動機の書き方に工夫が必要です。すなわち、そういう意味でも応募先企業と業界の状況を調べることは必須となります。上場企業であれば、必ず有価証券報告書などがあるので、それらの書類の中身を見れば、ある程度応募先企業のことについては把握することができます。また、非上場企業であっても、前述したように上場企業には有価証券報告書やアニュアルレポートがありますので、業界の上場企業を参考にして、志望動機の書き方を考えるとよいでしょう。そういった調査の半分ぐらいはネットで拾うことができますし、そうでなければ図書館に置いてある可能性もありますので、そのあたりをチェックして、志望動機の書き方を組み立てると効果的です。

志望動機の書き方の注意点

志望動機の書き方というのはけっこう重要になりますね。中途採用というのは、あるスキルを持っていることを前提です。その会社でやってみたいこと、すなわち志望動機をきちんと説明できないと、採用されることはありません。ただ、裏返すと志望動機の書き方さえ出来ていれば、年齢や給与等の条件で引っ掛かっているとかいう事情がない限り、落ちることはありませんね。では、どんな志望動機の書き方がいいかというと、まずは自分が今まで会社でしてきた仕事内容や経験を書いて、そこで自分ができると自信のあることを書きます。そして、そこで自分のスキルを持ち出してきて、業績の向上できますよという志望動機の書き方にするとよいでしょう。このときに注意しなければいけないのは、あくまで志望動機を書くときは強気でいかなければならないということです。採用する側として困るのは、志望動機のときに弱気な人で、本当に仕事ができるのか疑問符を持ってしまうみたいです。

志望動機の書き方のポイント

新卒採用のときに注意しなければならないのは、志望動機の書き方です。ここで他人と差をつけるのは難しいというか、だいたい学生ならば同じような経験なので差がつかないと考えたほうがよいでしょう。そこで、他人と差をつけるために必要なのが志望動機の書き方で、この志望動機の書き方をどう工夫するかが採用と不採用を左右すると言えるでしょう。では、どのような志望動機の書き方でいけばいいのか。この志望動機を考える上で、NGとなるものを頭に入れる必要があります。確実にNGと言えるのは、その企業が好きだからという理由ですね。学生の場合、安直に好きだからという言葉を志望動機に挙げてしまうのですが、なにか安っぽい感じを受けてしまうので、採用担当者にはねられてしまうことになりかねません。では、どういう志望動機の書き方がいいかというと、やはり企業や業界を調査して、興味を持ったというような形に持っていくのがベストではないでしょうか。

Copyright © 2007 志望動機の書き方が知りたいなら